【110kitプロジェクト】No.87『カロチャ刺繍のブックカバー』(定期便) Tue 30 June,2020

おはようございます。
今日で6月も終わり。早いなぁ〜

昨日無事東京へ戻りました。
帰宅の際に利用するリムジンバスが
減便になっていて、久々に電車での移動。
この差は大きかった。。。
いつもならサッサと洗濯祭りやお掃除を
片付けてしまうのに、
家に帰ってからしばらく動けず(涙)
移動手段って大事ですね。
いや?もしかしたら自粛期間中の
運動不足による体力低下が原因??
だとしたら、マズイ!!
引きこもってばかりいないで
もうちょっと動くことを心がけ、
体力面でも元の暮らしレベルに
戻すところから始めよう。ふぅ〜

さてさて、
【110kitプロジェクト】
本日のご紹介は

No.87
『カロチャ刺繍のブックカバー』

つい最近もブックカバーをご紹介
した気がするけれど(笑)
こちらはギンガムチェックの切り替えが
デザインのアクセントになっています。
刺繍はワンポイントのみ。
ほぼほぼ縫製済みのキットなので
これを定期便で送ったら
皆さん「ここまで出来上がってるの?」と
驚かれます。
そうなんです、至れり尽くせり状態(笑)

そんな状態でお届けするのは
単に作りやすいからというだけではなく、
〝こんな風に作るんですよ〜〟の
途中経過を見ていただくため。
プロセスを現物で見ていただくと、
〝これだったら真似してまた作れるかも〟と
思っていただけるかな?
そんな期待を込めてます。

思惑通り、私のキットを見本として
また作ってくださる方が何人も現れました。
願ったり叶ったり!!

ただkitを送って、作るだけではなく
何かのヒントになればというのが
定期便のもう一つの目的です。

最初はどうなるかと心配した定期便も
おかげさまで、好評♪
続編も自粛期間中に販売開始できました。
新しい試みはやはりある程度
続けていくことが大事ですね。

期待通りの反応がすぐに得られないのは
当たり前。じっと我慢も必要です。
もちろん、我慢しながら改善し続けて…

次から次へと新しいことに
チャレンジするだけでは、
自分で何をどうすればいいのか?
をじっくり考えて
解決策を見い出す機会を
奪ってしまうことになりかねません。
チャレンジするのと同じくらい、
じっくり反応を見ながら改善し、
待つことって大事。

先を急いでばかりでは、何がしたいの?
状態に陥ってしまいますからね。

そう自分に言い聞かせながら
じっくり可愛い我が子たち(kit)の
成長を今後も見守り続けましょう。

今週も良い1週間となりますように。

昨日のランチ

久々の「柿の葉寿司」を
テイクアウトして搭乗前にパクパクと。
これも移動中の楽しみの一つ。

ちなみに行きは空弁で
「5種の穴守おこわいなり」が定番です。
ほぼ毎回コレ。
小さくて食べやすい!
時間がなくても食べられます。
(別に抜いてもいいんだけどね)

 

 

*今週の予定

1日(水) 自宅アトリエレッスン
午前 残1
2日(木) 自宅アトリエレッスン
午前 残1/ 午後 満席
4日(土) 自宅アトリエレッスン
午前 満席 / 午後 満席
5日(日) 自宅アトリエレッスン
午前 満席

7月のレッスン日程&
お申し込みはこちらからどうぞ

感染予防に関しまして以下の通り
対応してまいります。

*全ての日程で定員減らして開催致します。
*窓を開けての換気をさせていただきます。
*開催前に除菌シート等で
手の消毒をさせていただきます。
(必要に応じてご用意いただけますと助かります)
*ワークショップ中はマスクの着用を
お願いいたします。

ご協力よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です