【110kitプロジェクト】No.8 『コインケース』(かぎ針編み継続講座)Mon 30 Mar,2020

おはようございます。
少し溶け残った雪を見ながら
全て溶けて無くなると同時に
除菌してくれないかなと真剣に考えてました。
私もコロナ疲れ?でしょうか。

昨日は午後から楽しみにしていた
ライブ配信を見ながら(聴きながら)
せっせと糸を巻いたり、
袋詰めしたり、裁断したり。。。
おかげさまで随分作業が捗りました。

動画だと、ついつい画面に張り付いてしまい
動きに制限が出てしまうけれど、
音声だけだと、聞こえる範囲内なら
部屋のどこで何をしようが問題ナシ!
手が止まることもほぼありません。
いいかも〜♪

ってことはやっぱり昔ながらのラジオ最強説?
そうそう、
ラジオは深夜の勉強お供世代ですからね。
しっくりくるハズだわ(笑)

さてさて、
【110kitプロジェクト】
本日のご紹介は

No.8
『コインケース』

かぎ針編みの最大のつまづきポイント
とも言える、「わ」の作り目を
克服するための課題です。
〝本や動画を見てもよく分からない〟
〝すぐ忘れてしまう〟と
独学派を悩ませる憎っくき難所。

ですが、編みぐるみや、バッグなどの
立体物を編みたい人には
避けては通れないポイントです。

自分の編み目が見やすいように
太めの糸で円を編み、ガマ口に仕立てます。
そうそう、ニットでもがま口が
作れることに感動してくださる方も多く、
そういった点でもこの課題は
達成感アリなようで、皆さんの
〝できた!〟の笑顔がより一層輝きます。

ここで「わ」の作り目を
克服できたら、もう怖いものナシ!
どっぷり思う存分
かぎ針編みの世界にハマってくださいまし。

実はまだまだハマる要素たっぷりで
次の課題はもっと深みにハマるんですなぁ〜
うっしっし。

昨日の晩ごはん

お昼は作りおきのもので済ませたので
夜は全く違うものが欲しくなり、
久々のイタリアン風で。
タラのアクアパッツァ、
ポルチーニのリゾット。

リゾットに使うポルチーニのペーストは
やっぱりバーミックスで作るのが便利。
2代目のおかげで、お久しぶりなメニューも
復活し始めてます。
道具って大事。

 

 

*今週の予定*

春季休業のためお休みさせていただきます。

4月のレッスン日程&
お申し込みはこちらからどうぞ →

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です