〝表裏〟よりまず〝無になる愉しみ〟から  Sat 8 Jan,2022

おはようございます。
雪も溶け、この三連休は
少し寒さも和らぐようですね。
今日、アトリエにいらっしゃる方は
足元に注意して転ばないよう
気をつけていらしてくださいね。

前回の記事で途中経過をUPしていた
〝イヤホンリール〟
最終仕上げで裏面のパーツをつけ
並べてボンドを乾かしていました。
そうするとこの後ろ姿が
何だか可愛く思えて思わずパシャ!
お行儀よく並んで
順番待ちしているみたい。
可愛い♡

作品ってついつい表にばかり
目がいきがちですが、
実は裏こそ〝ていねい〟を物語りますよね。
いつもこれはレッスンで
笑い話のように言うのですが、
刺繍のベテランマダム達は
〝ちょっと失礼〟と言いながら
裏側をチェックされることが多いのです。
言わずと知れた〝刺繍あるある〟
編み物にも無くはないですが、
刺繍の方が断然多い気がします。

裏表に差がないくらい
丁寧に仕上げるのが理想的ですが
最初からそれを求められても
萎縮しちゃって心から刺繍を
楽しめないかもしれないので
笑い話として私はこの〝あるある〟を
お伝えしています。

まずは針と糸を持ち
無心になって刺繍を愉しむ。
そして慣れてきたら見えない裏側にも
気を配り、丁寧に仕上げる。
繊細なものだからこそ、
そのプロセスもゆっくり丁寧に。
私はいつもそう思いながら
レッスンしています。

〝刺繍をいつかしてみたい!〟
〝またやってみようかな?〟と思った方
まずは糸と針を持つ時間を
愉しむことに集中してみてはいかがでしょう?
〝表裏〟よりまず〝無になる愉しみ〟で。

今週のお花

まだ開ききっていない
アネモネとチューリップ。
寒い我が家は過酷な環境なので
もしかしたらこのまま???

それはそれで、可愛いので
ヨシとしましょう。
チューリップなんて開く前の方が
断然キュートだから。

お花はすっかり春ですね。

今日も良い1日を!

*今週の予定*

6日(木) 自宅アトリエレッスン
8日(土) 自宅アトリエレッスン

1,2月のレッスン日程、お申し込みは

こちら からどうぞ。


1,2月のレッスン日程
&
お申し込みはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です