【イギリス〜ベルギー】好きを訪ねる旅Vol.6 Sun 1 Sep,2019

おはようございます。
ニット&刺繍作家のPolivi(ポリビ)です。

今日から9月に入りましたが、
旅の記録は続きます^^;
今回はこの旅の最後のお愉しみ、
「ジュ・ド・バル広場の蚤の市」へ

交通機関を使っていくつもりで
念のためホテルで行き方を聞いてみたら
〝歩けるわよ。ベルギーの街はだいたい
徒歩30分エリアでどこでも見て回れるのよ〟
みたいなことを言われました。
広場へも20分以内ということでしたので
Google先生を頼りに歩いてみることに・・・

途中で見かける壁画やら

かっこいいアンティークのドアやら

いい感じで通りに絡まる緑が素敵な藤棚やら

時々立ち止まって写真を撮りながら
強い日差しににも負けず
懲りることなく石畳を歩いて歩いて・・・
ようやく到着。

大好物な金物のアンティークや

可愛い陶器類。

キッチンクロスやリネンも
(なかなか強気なお値段でしたが^^;)

お目当のBochもありました!
ベルギーのご当地ブランド。
と言っても庶民的なお値段なので
ちょっとだけ連れ帰ってきました。
素朴でポテッとした感じが可愛い。

他にも
錆び具合がいい感じのキッチン雑貨や

可愛いイラストの古本など
いろんなものがごちゃまぜで
まさにお宝探し。

結局2日連続で行ってしまいました。
あぁ〜楽しい♪

通りを間違えると治安が悪い場所に
遭遇すると聞いていたのですが
幸いそういう怖い目にも会わず
無事帰ってこれました。

広場の周りには朝早くから空いている
カフェもあるので、休憩しながら
見て回ることも可能です。

以前に行った
ハンガリーの蚤の市に比べると、
アンティークやブロカントというより
日用品や古着などのリサイクル品が多く、
最初はちょっとここからお宝を
見つけるのは難しいかも??と
思ったのですが、その分お値段も
庶民的で、掘り出し物も多い??
小銭を握りしめる程度での
交渉も可能でした。

これこそ海外、特にヨーロッパでしか
できない楽しみ方ですよね。
あぁ〜楽しい、幸せ♡

さて、長々続いた旅の記録も
これ一応おしまい。
次回は番外編として食の記録を。
ロンドンもベルギーも
ハズレなしの美味しい旅でした。
つづく・・・

 


*今
週の予定*

4日(水)自宅アトリエレッスン
午前 満席
6日(金)大阪出張WS
@梅田蔦屋書店
午前 /満席
7日(土)大阪出張WS
@友安製作所(阿倍野)
午後 /残1

 

9月のレッスン日程&
お申し込みはこちらからどうぞ →

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です